からだのしくみ > 性感染症について > 性感染症とはなにか

性感染症について

性感染症とはなにか

性感染症というのは、セックスやキスなどの性行為によってうつる病気をまとめて呼ぶ名称です。
その多くはセックスのときに性器と性器が直接ふれあうことで感染しますが、オーラルセックスでクラミジアや 淋菌 りんきん などの病原体が口・のどにもうつることがあります。一方、エイズの場合は、病原体を含んだ血液や体液が相手の傷口や性器の 粘膜 ねんまく などを通じて体内に入り込んで感染します。
性感染症は性器だけの病気ではないのです。

性感染症にはどんなものがある?

梅毒 ばいどく 淋菌 りんきん 感染症・ 尖圭 せんけい コンジローマ
クラミジア感染症・毛じらみ症・エイズ(HIV)感染症
ウイルス性 肝炎 かんえん ・トリコモナス ちつ
性器ヘルペスウイルス感染症  その他


性感染症といっても、性行為とは別のルートで感染する場合もあります。たとえば、エイズウイルス(HIV)や 肝炎 かんえん ウイルスは、輸血、血液製剤の使用、注射針の使い回しなどによっても感染することがあります。また、「母子感染」といって、お母さんから赤ちゃんに感染することもあります。



運営事務局:ウィメンズセンター大阪 思春期サポートグループ
〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町2-1-1-123
TEL06-6632-7011/FAX06-6632-7012(月〜土 10:00〜17:00)
Copyright(c) 2013 SACHI co.,ltd. All rights reserved.